品質管理の基本|初心者に分かりやすいサイト

QC検定3級の過去問を無料で掲載してますので、是非お勉強に役立ててください。また躓きやすい要点部分については、当サイトの関連ページもご紹介しています。巻末には解答も載せています。

品質管理の基本|初心者に分かりやすいサイト > QC検定3級の過去問を無料で掲載してます!

QC検定3級の過去問を無料で掲載してますので、是非お勉強に役立ててください。また躓きやすい要点部分については、当サイトの関連ページもご紹介しています。巻末には解答も載せています。

QC検定3級の過去問を無料で


品質管理検定3級 模擬試験問題


【問1】サンプリングに関する次の文章において,「 」内に入るもっとも適切なものを下欄の選択肢からひとつ選び
その記号を解答欄にマークせよ.ただし,各選択肢を複数回用いることはない。

考察の対象となる特性をもつすべてのものの集団を母集団という.母集団から標本を抽出し,こ れらを測定することで「(1)」が得られる.このとき,母集団から標本を抽出する行為を「(2)」という.標本はできる限り母集団の姿を反映していなければならず,かたよりなく標本を抽出する 必要がある.すなわち,母集団を構成する要素はいずれも「(3)」で標本に含まれるようにする.『 (a)そのような方法』で抽出された標本を「(4)」標本という.
例えば,{A,B,C,D,E}の5つの要素で構成される母集団から,大きさ2の標本を抽出しようとする 場合/考えられる標本は,{A,B},{A,C},{A,D},{A,E},{B,C},{B,D},{B,E},{C,D},{C,E}, {D,E}の10通りであるから,この10種類のどれもが「(3)」で選ばれるようにする.このような 方法は『(a)の方法と「(5)」.

【選択肢】
ア.考えられる    イ.考えられない ウ.データ エ.サンプル
オ. サンプリング    力.シミュレーション キ.等しい確率 ク.等分散
ケ.独立    コ.無作為    

    


【問2】基本統計量に関する次の文章を読んで,それぞれの設問の指示に従って答えよ,

〔1〕次の文章において,「」に入るもっとも適切なものを下欄の選択肢からひとつ選び,その記 号を解答欄にマークせよ.ただし,各選択肢を複数回用いることはない.

ある製品の重量をn=10個測定したところ次のデータが得られた(値は変換している).このデー 夕から得られる平均値は「(6)」,不偏分散は「(7)」である.

8  6  9  4  6  8  9  5  1  3  

【(6) (7) の選択肢】
            
ァ. 5.8        ィ. 5.9     ゥ. 6.0     ェ, 6.1     オ. 6.2
力. 6.3     キ. 6.4        ク. 7.0     ケ. 7.2 コ. 7.5



〔2〕次のデータについて,データの中心的傾向を表す統計量であれば“ア”,ばらつきを表す統計量 であれば“イ”を選び,その記号を解答欄にマークせよ.ただし,各選択肢を複数回用いてもよい。

①最頻値(モード). 「(8)」

②分散 「(9)」

③平均値 「(10)」

④メディアン 「(11)」

⑤範囲 「(12)」




 
 

 

QC検定3級の過去問を無料で②



【問3】工程能力指数に関する次の文章において,「 」内に入るもっとも適切なものを下欄のそれぞれの選択肢からひとつ選び,その記号を解答襴にマークせよ.ただし,各選択肢を複数 回用いることはない.

ある製品を製造している工程は管理状態にある.その製品の特性値の平均をμ,標準偏差をびとす る.特性値の分布は正規分布とみなされμ=16.5,σ= 1.0とする.製品の規格は両側にあり,規格 値は 17.0士4.0である.    

①このときの工程能力指数Cpは「 (13)」であり,平均のかたよりを考慮した工程能力指数 は「 (14)」である•この結果,工程能力は「(15)」と判断される.

【「 (13)」~「(15)」の選択肢】

ア.0.67 イ•1.00 ウ.1.17 エ•1.33 オ.1.50
力.不足している    キ.ほぼ良好である

②工程能力指数Cpが1.00の場合,規格の幅が「(16)」に一致することを意味している.工程平 均が規格の中央に一致するとき,規格外れになる製品が含まれる確率は約[(17) ] %である,

【(16)(17)の選択肢】    
        
    ァ• 3xσ        イ. 4xa     ゥ. 5xσ     ェ. 1.33     才. 1.50
    力• 0.15        キ. 0.2        ク. 0.3     ケ• 0.4     コ. 0.5



【問4】管理図に関する次の文章を読んで,それぞれの設問の指示に従って答えよ.

ある工程について,現状把握のために管理図を作成することになった.1日を群として30日間,大 きさ5のサンプルを抽出し,管理項目に関する特性値を取って,それを表4.1にまとめた.


                                            
[1]Xバー管理図とR管理図を作成するのに必要な管理限界線の計算.において,「 」内に入るもっとも適切なものを下欄のそれぞれの選択肢からひとつ選び,その記号を解答欄にマークせよ.な お,計算に際しては、次の表4.2を参考にしてよい.

Xバー管理図の上側管理限界線(UCL) =「(18) 」
Xバー管理図の下侧管理限界線(LCL) = 「(19)」
R管理図の上側管理限界線(UCL) = 「(20)」
R管理図の下側管理限界線(LCL)=(考えない)



【(18) の選択肢】

ア. 52.43 イ. 52.85 ウ. 53.46 エ. 54.45     オ. 56.35


【(19) の選択肢】


ア. 43.08 イ. 44.98 ウ. 45.97 エ. 46.58 オ. 47.00



【(20) の選択肢】


ア. 13.01 イ. 13.72 ウ. 14.81 エ. 16.71 オ. 21.20


[2] 上記[1]で算出した管理限界線に基づいて作成したXバー-R管理図から、この工程が統計的管理状態にあるか否かを判定する場合において、もっとも適切な判定結果を下欄の選択肢から一つ選び、その記号を解答欄にマークせよ。「(21)」




【(21) の選択肢】

ア. 両方の管理図とも管理外れの点がなく,管理状態にあると判定できる.
イ. Xバー管理図のみに管理外れの点が現れており,管理状態にあるとは判定できない. 
ウ. R管理図のみに管理外れの点が現れており,管理状態にあるとは判定できない. 
エ. 両方の管理図とも管理外れの点があり,管理状態にあるとは判定できない.


 
 

 

メニュー