品質管理の基本|初心者に分かりやすいサイト

働き方改革 効率化の事例 『メリハリ』をつけた業務 ~自己の業務集中による効率的な業務遂行とそれによる成果の創出~

品質管理の基本|初心者に分かりやすいサイト > 働き方改革 効率化の事例

働き方改革 効率化の事例 『メリハリ』をつけた業務 ~自己の業務集中による効率的な業務遂行とそれによる成果の創出~

働き方改革 効率化の事例


  働き方改革 効率化の事例


●『メリハリ』をつけた業務 
 ~自己の業務集中による効率的な業務遂行とそれによる成果の創出~

①時間軸を意識し、メリハリをつけた活動
 ・始業から開始できる準備と、夜20:00退社を前提としたペース配分
 ・休憩は定期的に行い、一回あたりの休憩は10分以内(オン/オフの切換え)
 ・時間の費用対効果を意識し、スピーディな活動

②着手前のスケジューリング(実施内容・おおよその処理時間)
 ・次週計画は前週金曜日、今日の計画は昨日の夕方に立案、他

③業務集中時間の確保(最低1時間)、関係者へ不急な問い合わせはしない。
 【業務集中時間】 8:20~10:00(管理職は15:30~16:50も含む)

④打合せは関係者と、より良い方法・仕事のプロセスを探り、意思決定する場   開催条件(出席者は必要最小限に厳選)
   ・関係者が背景と現状を把握し、責任者の承認が必要な時。
   ・意見交換により、新たなアイデアが生まれる場を持ちたい時。
   ・具体的な課題に対し、多面的な観点から最良の回答を導きたい時。
   ・意見に対し、最終判断がなかなか下せない時。
 (それ以外は個別相談)

⑤打合せは開催者/出席者ともに効率的な運営に努める。
 ・明確なテーマと出席者の厳選(結果だけ教えれば良い人は招集しない)
 ・開催者はテーマを出席者に事前に伝える(出席者は情報収集し参加)
 ・資料は3日前には出席者へ送付。(出席者は、自分の意見をまとめ参加)
 ・1時間以内となるようテーマを選定し、定刻運用(5分前集合、5分前終了)
 ・メモはわかりやすく作成し、上長経由で関係者へ配布・共有を図る

 




 

メニュー


▲トップに戻る